いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

このブログが完成するまで...

ある会議において。

夜9時を回っている。
参加メンバーは疲労の色を隠せない。
皆一様に神妙な顔つきで押し黙ったままだ。
無言の時間が過ぎていく。


リーダーが言う。
「みんな、◯◯ってそもそもどういう意味だと思う?もう一度そこから始めよう」


皆それぞれノートパソコンやスマホ取り出し調べ始める。


私も溜め息をつきスマホをポケットから取り出しながらブログのアプリを押す。


そしてブログを読み始める。


皆「やっぱりか」とか「そうか」とか言っているので私も言う。


「なるほど」


何が「なるほど」なのか全く分からない。


メンバーの中からノートパソコンに何やら打ち込み始めている奴がいる。


私も負けじとシャーペンを大袈裟にカチカチカチと鳴らし芯を出す。


そして無心な表情で黙々とメモをしている振りをする。
会議室に私の何かを書き殴る音が響きわたる。


メンバーから様々な意見が出始める。
会議がまた活発になり様々な議論が交わされる。


「ふっー」


私もメモを終えて達成感でいっぱいだ。


腕組みをし頷く。


黙々とメモして完成したのが、
このブログである。

 

 

メンバーのみんな、ごめんね。