いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

真っ赤な傷。

わたしは家にかえるとちゅうだった。


左手に傷ができていて

本当は「痛い」って言えば

よかったんだということはわかってた。


そしたら、ともだちが心配してくれたかもしれないしママもどうしたのって聞いてくれたかもしれない。


でも傷口をずっと見てたら、

わたしは本当は痛がってなんかいない

のだという気がしてきて、

嘘をついてるような気分になった。


だからわたしは傷の痛みは宝箱に入れて

しまって見えないようにしたの。


そしたら左手に傷だけがのこった。

わたしは傷をつけたあの子のことは、

もうどうでもよくなっていた。


でも、帰りみちにまた出会ってしまった。


わたしはそっと傷口を見た。

宝箱のなかはじんじんしてたみたいだけど

わたしはもう痛いっておもってなかった。

痛がるフリはしないし、がまんもしてない。


あの子の方を見たら、

あの子はわたしのことを見ていた。


そしたらなんだかおもしろくなって、

笑けてきた。


そのとき、わたしは自分の右手が

けんじゅう」をにぎっていることに気づいた。それはすごく小さくて軽かった。


どうしてそんなものをもってたのか

分からないけど、わたしはあの子を見ながら

けんじゅう」をにぎりしめた。


傷はぜんぜん痛くない。

あの子もどうでもいい。

がまんもしてない。


どうでもいいってことが、

どうでもいい。


そしたらわたしの右うでが

かんたんにふりあがった。

わたしはたぶん笑っていた。


なんとも思わないあの子に、

わたしは狙いをつけて、

そっと引き金をひいて、

あの子のむねを撃ち抜いた。

 

真っ赤が見えた。

たまたまだったの。