いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

ため息が出るブログ

イヤホンから聞こえるメロディを聞きながら、今日も無意識にブログを開いているんだろう?

ブログにはただ文字に目を通しているだけで、
君は小さくため息をついて文字をふわりと消していった。

此処にいる意味を繰り返し自分に聞き続けたのかい?

わかるさ。
だって君には想いの轍が出来ていて、
レコードのように音まで聞こえてきそうだ。

もしかしたら一つのブログが明日を変えてくれるかもしれない。

一つのブログが違う自分を見つけてくれるかもしれない。

そう願ってブログを読み続けていたのはいつまでだったの?

僕もきっとそうさ。
君と同じように考えつづけていたよ。

だからあなたのブログを見つけたからといって、いまさら喜んだりしない。

僕らはもしかしたら出会わないのかもしれないけど、それもいいと思うんだ。

きっと未来を変えたのは、
あなたが何気なくこぼした言葉じゃなくて、
さっきのため息だったはずだ。