いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

2017-10-28から1日間の記事一覧

君からのメールには色彩で答える

言葉が並ぶ 一行一行から発せられている感情はそれぞれで 読むごとに湧き上がるそれぞれの感情に言葉が追いつかない 言葉はぐしゃぐしゃ ぐしゃぐしゃとなって色味帯びる 僕の言葉は 朧げに光る淡い桜色 あなたのメールを読みながら 言葉の色に溺れていく な…

私の水色

ここに水槽がある 部屋は薄暗く、水槽のライトを際立たせる ライトは青白く、泳ぐ熱帯魚も青一色だ 熱帯魚の数は分からない 底砂は黒く何年も時間をかけて幾層にも重なっていったものだ 私をこの水槽だとする 時折、何かが私を揺らすはげしく揺らしたり、そ…

世界は自分次第

夏休み最後の日。友人から譲り受けたチケットを持ち照明で夏の夜に浮かび上がるスタジアムに入った。 観客はまばらだったけど、それでかえって秋風がとおり抜けやすくなっていて涼しかった。 いささか苦めの地ビールを飲みながらゲームを眺め、飲み干した時…

泣き言の三銃士

今からお前達、泣き言三銃士を埋めることにする。悪く思わないでくれ。 「疲れた」が言う。 おいおい、それじゃあ、お前は家に帰ってベットに倒れこんだ時に、これからはなんて言うつもりなんだ?俺を口にする時が至福な時だろ? 「時間がない」が言った。 …

レイトショーに行く

久しぶりにレイトショーに行く。観る映画は重要じゃない。何となく面白そうなのを選んでラウンジの席に座り外を眺めながら上映を待つ。 雨降りなせいか客足はまばら。窓の外はゲームセンターでゲームの光が濡れている歩道を光らせている。 女の子の学生グル…

言葉で輪郭を濃くする

はぁ~、昨日の映画はよかった。うっとり。 俺にも「あんな事」起きないかな。あっ「あんな事」は映画だから起きるのか。ん?「あんな事」は映画で起こるような事だから、現実の世界では起きないのか? あぁ、違うんだな。絶えず「あんな事」は起きてるんだ…

お仕着せのブログ

思いの儘に文章を書こうと想うも、結局はルールに弄ばれる 代わり映えしない文章を着飾るのは彼方にいる貴方の好みの所為か、はたまた胸に巣食う其方の為か 薄闇の中に回遊する言葉を見繕ろい、張見世のライトを浴びる遊女よろしく手練手管を身につけたい 畳…

ブログを書くネタがない夜には

点滅するカーソルと白い画面 画面に見えてるのは物語か現実 これが書ければいいと思う 書きたいのは言葉では書けないもの 書けないけど言葉を積むしかないもの 見えないけど目の奥では見えてるもの 言葉にしようとすると消えるもの 消えてしまうけど残るもの…

無炎燃焼するブログ

夜な夜な対岸の火事を見つめる「ゆう」今夜も「ゆう」は火事を眺める 今日は望遠鏡、たまにはカメラ、気分が良い時はキャンバスを立てたりして 「おぉ今日は良く燃えてるな」「おっ、こっちは沈静化したみたいだな」「こちらはボヤってところかな」 今夜は一…

魔性のフレーズ

久しぶりの電車通勤。ホームで友達と遭遇した。ゆっくり話すのは1年振りくらいか。 「最近は忙しくて休みは寝てばかりだよ」「そっか、みんな一緒だな」 ありきたりな言葉を交わして別れた。 会社に向かうには少し早い。マックに入り二階席に座る。勉強して…

もくもくと屹立するもの

もくもくと浮かぶこの煙 いつまでも消えなくて目障りだ 触ってみると存外やわらかい 「ふむ、ここはひとつ、これで遊んでみようか」 あれこれとこねくり回したら、どことなく何かに見えたりする 名前を与えてほっぽりだす これで視界も良好と思ったら また、…