ゴーゴーバー

ゴーゴーバーに向かう

スパイスの臭いが鼻をつく
ストリートチルドレンが寄ってくる
歩道が洗濯水や雨、果物の汁、よく分からない液体で濡れている

蒸せ返るような暑さ

カタコトの日本語・韓国語で呼び込みするケバケバしい化粧をした女達

彼女達に手を振りながら、
下品な冗談を大声でとばす

手を叩きながら爆笑したと思えば、
もう次のヤツに声をかけ腕に手を回している

店内に入ると冷房が強過ぎて鳥肌がたつ

RihannaやPSYが大音量で流れ、番号をつけた女達が水着で身体を揺らしているのが見える

大笑いで踊る子達、うつむいている子達、
店内の男達を品定めして愛想を振りまく子達

ビールを頼むとすぐにオバさんが横につく
あの子はお金がなくて可哀想だ、
と女を買うように勧めてくる

白人男性が陰で女に抱きついている
しきりに尻を叩き、女は笑っている

ステージが大歓声に変わる
ある客がステージに立てられた塔を登っていくのが見える

てっぺんに到着し女達や他の客、仲間に手を振っている

ポケットから財布を取り出し、札束を見せびらかすと歓声が上がる

もったいぶった所で札束を放り投げると、
帯が外れ何百枚の札がステージの女達に降りそそぐ

ビールを飲み干したところで次の店はどこにしようかと考える