変わり者になろうとするブログ

書く事が夢でありますように

「藪の中」を江ノ島で思い出す

証言者・水着の女性

なんかエロい目でこっち見てたよね。
ずーとスマホを見てたみたいだけど、あれ見てたフリじゃない?なんか持ってる角度とか微妙だったし。やばい、水着の写真とか撮られたんじゃない。「ヤリたい」って言ってなかった?口の動かし方だとそう見えたよ。

証言者B・サーファーのおじさん

随分長い間座ってたよ。俺は仲間がサーフィンするのをずっと見てたんだけど、俺よりも前にいたしな。なんか目を細めて遠くをずっと見て携帯をいじってたな。たぶん泣いてたよ。「泣きたい」とか何とか言ってたよ。何かあったんだろうな。まぁ、みんなそういう気分の時は海とかくるんじゃない?
そういうヤツ、割と多いよ。

証言者C・散歩をしてる老婆

「目が痛い」って言ったよ。はっきり聞こえたんだから。すれ違いざまだったけど目をぎゅってしてたの見えたもの。それよりも奥にいたあの若い子達の方がよっぽど不愉快。こっち見て笑ってたわ。

証言者D・若いカップル

写真というよりLINEとかじゃない。ずっと遠く見てたけどたまに視線を落として何か打ち込んでいるように見えたけど、ねぇ?

俺はフェイスブックとかだと思うよ。ほら、あのギャルみたいな娘たちの奥が江ノ島だから写真とか撮って投稿したんじゃない?

しかしあのサーファーのおじさん、凄え音量で音楽聴いてるな。迷惑だと思わないのかね?