いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

越えられないフェンス


子供時代、と言っても5年間だけだけど外国で暮らしてた。
平日は現地の子供と一緒に学校に行き、土曜日は日本人学校に通っていた。

何故か日本人学校が大嫌いで、登校してもいつも図書館に籠ってた。

その学校には大きなフェンスがあって学校を取り囲んでいた。休憩時間になるとフェンスにしがみついて両親が迎えに来るのをずっと待ちわびて外を眺めていた。

今日、会社の庭園を改めて見たらフェンスがあるのが見えた。

フェンスは子供時代から今の今までどこにだってあった。

学校、会社、自宅、そして自分自身の中にだって。