いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

彼女達が教えてくれること。

昔、ダウンタウンが司会をする「HEY!HEY!HEY!」という音楽番組があった。

ある回で馬鹿キャラ(だったと思う)を売りにするアイドルが登場し天然風のボケで笑いをとってたのだが話の流れから松っちゃんが観客席に向かってこんな事を言った。

「とは言ってもこの子は君らの100倍は頑張ってるからね」

観客席は笑っていたが浜ちゃんは明らかに苦笑いをしていたし私も笑えなかった記憶がある。


さて、空港からの帰り道、デパートに行って本屋に行こうとしたところ音楽店でこれからアイドルのミニコンサートが行われるという貼り紙が目に入る。

日頃から地下アイドルに一度は熱中してみたいと願っている私としてはこれは行かずにはいられない。

本屋で本を2冊買ってから足早に音楽店に向かい、さっそくファンとおぼしきオタクっぽい連中に混ざる。

「んだよ、この気持ち悪いやつらは」と思いながら、トランクを片手に背伸びして舞台を覗き込んでいた40代の私も相当気持ち悪かったに違いない。

いよいよ、我らのアイドル達が登場。

これが皆んな小さいし可愛いしびっくりする。そして照れながら振り付けを真似るオタク君達がまた可愛いいこと!

嗚呼、俺も一緒に踊りたい。
コイツらと一緒に分かち合いたい。

彼女達はキレのある踊りで髪を振り乱し、
狭い会場の中、少人数のファンの前で一生懸命に歌いきった。

最後の曲を歌い終わった瞬間、
センターの娘がアヒル口をしてパッと天井を見やり「やりきったわ」という表情のほとばしる笑顔が計算され過ぎててイラッとした所を除けば大満足であった。


感動したよ、

かほハム、

これから応援するからね!

 

 

何の話しだっけ?

あ、だから彼女らは俺の「100倍は頑張ってるなぁ」って話し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応援するは冗談です、
念のため。