いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

女性15名のポートレート(13/15)

 

カラオケと言っても今は昔と違ってお洒落なお店がラブホみたいな部屋を提供してくれる。

さっき廊下ですれ違った女性は、下の居酒屋でめっちゃくちゃに酒を飲んでいた一団にいた人だ。

私は彼女と居酒屋で不自然に目が合っていた。私が見過ぎていたのか、彼女がこっちをよく見てたのか・・・分からない。

するとその女性が廊下の壁にもたれかかって奥で立ち止まっている。

また目が合う。

彼女は目線をずらさず千鳥足で歩きだし、
そして空室のドアにもたれた。

私は歩いているが感覚がなくなっていく。
目の前の光景が私の目で見ているものではないように感じる。誰かの映像を無理矢理に見させられているような感じだ。

彼女の身体が半分部屋に吸い込まれる。
視線はこっちに向けられたまま。

映像が乱れる。
私の歩く振動で。胸の鼓動で。

気づくと部屋には私とあなた。

あなたは躊躇いなく私の首に腕を回しキスをする。私はこの数分間で始めて目を閉じた。
脳がやっと動き出しあなたの舌を味わなければと思いだす。

するとあなたはするりと私の脇からすり抜け部屋から出て行った。


「エッチな人」と言い残して。