いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

ダイブ


ゆっくり
太陽を見上げたまま
深くダイブしたい

まだ言葉にするには早過ぎる
もっと深く
周りの色が変わるまで

どんどん沈んでいく
海面の賑やかさはもはや遠い
私は一人だ
だがまだ早い
もっともっと奥まで

浮きながら沈んでいく
周りは暗くなり孤独だ
水圧が身体にかかる
心はどんどん不安定になっていく
苦しい

まだだ
さらに深淵へ

私の言葉は
そこにしかない

深淵から海面へ浮き上がる
泡のような言葉を手に入れたい