いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

文体で見つけて

あたしは最近、別のサイトで書いている。
そこではハンドルネームもアイコンの写真も此処とは変えているの。

彼はあたしの別のブログも読みたいと言った。だからあたしは何処で書いているかだけを教えてやった後に言ってやったの、あたしのことを文体で見つけて、って。

彼に見つけられない文体でしか書けないあたしなら見つけてもらいたいとは思わない、あたしの書く文体が探し出せない彼ならそんな彼ならあたしはいらない。

あたしは自分がしたエロいことしか書かないけれど本当は書くことなんてなんだっていい。其処はエロい事がみんな好きだからそういう事を書いているだけ。

あたしは信じている、彼がそんなことは百も承知だってことを。あたしが書いているのはあたしの前で起きたことだけ、聞いたことだけ、思い出したことだけ、考えたことだけで、みんな一緒なのよ。

彼ならあたしを見つけてくれる。

だから早くあたしを見つけだして。

早くあたしを文体で見つけて。