いつか口癖が変わる日まで

書く事が夢でありますように

「おやすみ」を君に。

おやすみって言うから、

僕がこれから眠りに落ちていくことを知っておいてほしい。一人で寝続けてしまわないように。君に起こしてもらえるように。

おやすみって言ったら、

それで君が少しでも眠りに誘われてほしい。まるで僕が寝かしつけたみたいに。
僕が君を起こすから、安心して眠ってほしい、朝まで一度も起きずに。